福岡都市圏とは 圏域の概況

  • 1. 自然的、地理的条件
  • 2. 歴史的特性
  • 3. 周辺領域との関係
  • 4. 西日本・アジア地域との関係

1. 自然的、地理的条件

本圏域は、面積約1,169平方キロメートル、九州の北部に位置し、海をへだて、朝鮮半島、中国大陸に臨んでいます。釜山、広島、鹿児島とは200km圏、ソウル、大阪とは500km圏、上海や大連、東京とは1,000km圏と、アジア各国の大都市に近い位置という特徴があります。
地形的には北に玄界灘、南は福岡平野を囲むように、脊振山地、三郡山地がひかえ、東には宗像平野、西には糸島平野が広がる、ほぼ半月型をしています。

圏域の山々はなだらかで、高さも1,000m以下がほとんどです。このため、玄界灘、博多湾に注ぐ河川数は多いもののいずれも中小河川です。
気候は日本海型気候区に属し、比較的温暖です。降水量については福岡市の場合で年間約1,600mmとなっています。