環境対策支援補助金

「環境対策支援補助金」について

福岡都市圏の水道水の約3分の1は「筑後川」の水です。
また、近年様々な形で社会全体の接続可能な開発目標(SDGs)が掲げられているところです。
非営利活動団体や大学のサークル等が筑後川流域(有明海を含む)で行う環境保全活動を支援します。

1. 対象団体

福岡都市圏内又は筑後川流域内に所在する非営利活動団体や大学のサークル等
(注)筑後川流域内に所在する団体等は、関係自治体等との協議が必要。詳しくはお問合せ下さい。

2. 対象活動

筑後川流域(有明海を含む)での環境保全活動
筑後川流域には、福岡都市圏共通の水源となるダムとして、寺内ダム・江川ダム(朝倉市)、合所ダム(うきは市)、大山ダム(日田市)の4つがあります。補助対象となる活動地域は、この4つのダムの「集水区域及び当該ダム直下河川支流地域」を含む筑後川流域(有明海を含む)です。

※ 環境保全活動とは
① 森林の育成及び保全に関する活動
② 河川及び海等の清掃活動
③ 環境教育活動
④ 水質保全活動
⑤ その他支援が適当と認められる活動

(注)補助対象となる活動は、団体の活動全般・事業全般ではありません。対象活動に特化してください。

3. 対象経費

活動に要する直接的な経費
(注)団体職員の賃金や一般的な事務経費は補助の対象となりません。

4. 補助率及び補助限度額

対象経費に次の区分による補助率を乗じて得た金額。
ただし、補助限度額の範囲内。

活動の種類 福岡都市圏内の団体等 筑後川流域内の団体等
補助率 補助限度額 補助率 補助限度額
森林の育成及び保全に関する活動
(森林に関する環境教育活動を含む)
 90%   40万円   70% 
(90%)
 30万円 
河川及び海等の清掃活動、環境教育活動
(森林に関するものは除く)、
水質保全活動など
 70% 
(90%)
 30万円   50% 
(90%)
20万円
(注)補助率欄の下段(90%)は、大学のサークル等の場合に適用。
(注)上記の補助率に関わらず、申請額が10万円未満の場合は申請額。

5. 提出書類

(1)補助金申請時

補助金申請書(Excel版)(pdf版)記入例はこちら

活動計画書(Excel版)(pdf版)記入例はこちら

活動収支計画書(Excel版)(pdf版)記入例はこちら

団体の概要書(Word版)(pdf版)

(2)実績報告時

実績報告書(Excel版)記入例はこちら

活動の経過又は成果を証する書類(Word版)(Excel版)

活動収支報告書(Excel版)記入例はこちら

6. その他

環境対策支援補助金交付要綱(pdf版)

環境対策支援補助金交付要綱細則(pdf版)