福岡都市圏とは 圏域の概況

1. 自然的、地理的条件

本圏域は、面積約1,169平方キロメートル、九州の北部に位置し、海をへだて、朝鮮半島、中国大陸に臨んでいます。釜山、広島、鹿児島とは200km圏、ソウル、大阪とは500km圏、上海や大連、東京とは1,000km圏と、アジア各国の大都市に近い位置という特徴があります。
地形的には北に玄界灘、南は福岡平野を囲むように、脊振山地、三郡山地がひかえ、東には宗像平野、西には糸島平野が広がる、ほぼ半月型をしています。
圏域の山々はなだらかで、高さも1,000m以下がほとんどです。このため、玄界灘、博多湾に注ぐ河川数は多いもののいずれも中小河川です。
気候は日本海型気候区に属し、比較的温暖です。降水量については福岡市の場合で年間約1,600mmとなっています。

2.歴史的特性

本圏域は、朝鮮半島や中国大陸に近接しているという地の利に恵まれ、古来から、大陸文化の窓口として開けていました。

日本最古の二重環濠集落であり、稲作発祥の地として有名な福岡市の板付遺跡をはじめ、筑紫地域の須玖岡本遺跡、糸島市の平原遺跡など、大陸との深いつながりを表す遺跡が分布していることや、「漢委奴国王」と刻まれた金印が福岡市の志賀島で発見されたことなどから、「魏志倭人伝」に記されている「奴国」「伊都国」は、圏域内にあったと考えられています。

写真:国宝 金印「漢委奴国王」
国宝 金印「漢委奴国王」
(福岡市博物館所蔵)

大和政権の成立後は、対外交流の拠点として大宰府政庁が置かれるとともに、外交使節を応接する迎賓館や客館として鴻臚館が置かれました。

また、宗像大社沖津宮がある沖ノ島は古代祭祀物が多数出土し、「海の正倉院」と呼ばれるなど、大陸との交流に大きな役割を果たしていたことがうかがえます。
鎌倉時代には2度に及ぶ蒙古襲来により博多の地が戦場となりましたが、大陸との貿易は続き、戦国時代には貿易利権等をめぐって有力戦国大名間による博多の争奪戦が繰り広げられました。
その後、日明貿易の拠点が博多となったことから博多商人の力が強まり、戦国時代末期には堺(大阪府)と並ぶ一大貿易地、自治都市として著しく繁栄しました。しかし、江戸時代に入ると鎖国により長年に渡る交流基地としての役割を終え、黒田藩52万石の支配下に置かれました。

写真:政庁跡(太宰府市)
政庁跡(太宰府市)
写真:沖ノ島(宗像市)
沖ノ島(宗像市)

平安時代後期以降、鴻臚館での官貿易に取って代わり、博多綱首と呼ばれる中国(宋)商人や平家などによる私貿易が盛んとなり、貿易港として博多が栄えるようになりました。
鎌倉時代には2度に及ぶ蒙古襲来により博多の地が戦場となりましたが、大陸との貿易は続き、戦国時代には貿易利権等をめぐって有力戦国大名間による博多の争奪戦が繰り広げられました。
その後、日明貿易の拠点が博多となったことから博多商人の力が強まり、戦国時代末期には堺(大阪府)と並ぶ一大貿易地、自治都市として著しく繁栄しました。しかし、江戸時代に入ると鎖国により長年に渡る交流基地としての役割を終え、黒田藩52万石の支配下に置かれました。

明治時代以降、鉄道など交通機関の整備や九州帝国大学の開校等により、九州において重要な位置を占めるようになりましたが、特に戦時体制下、行政機能の集中や軍事的側面からの機能強化は、後の圏域の発展の基礎をなすものとなりました。

戦後の高度経済成長期には、行政機能等の集中を背景に、九州を管轄区域とする全国企業の支社・支店等の立地が進展するなど、経済、情報などの高次都市機能の集積が進みました。特に、山陽新幹線の博多駅乗り入れ、九州縦貫自動車道・横断自動車道の開通や博多港・福岡空港等広域交流基盤の整備は、九州のみならず西日本の中枢圏域としての飛躍的発展を支える基礎となりました。 これら都市機能の集積とともに、人口・産業が福岡市以外の地域へも広がりをみせるなど、圏域全体の発展へとつながっています。

3.周辺圏域との関係性

圏域において行政、経済、学術・文化、情報などの高次都市機能の集積が進むとともに、公共交通機関の整備が進んだことにより、社会生活圏は拡大しています。

鉄道の電化・複線化・高速化・相互乗り入れ、公共交通機関のダイヤ充実などによる定時性、速達性の向上や幹線道路、高速道路整備に伴う自動車交通の円滑性向上等により、利便性が増し、他圏域との人やモノの行き来はこれまで以上に広がっており、都市圏の母都市である福岡市への通勤・通学は、北は北九州都市圏、南は久留米、柳川、朝倉方面、東は飯塚圏、西は唐津圏に至る50kmから60kmの圏域にまで及んでいます。

写真:工場夜景(北九州市)
工場夜景(北九州市)

また、社会生活圏の広がりにより、人口や産業等の郊外化や観光・余暇活動等での相互交流が進むなど、福岡都市圏のみならず周辺地域の発展にもつながっています。

写真:筑後川花火大会(久留米市)
筑後川花火大会(久留米市)

一方、水をはじめ本都市圏が抱える課題に対応するには、圏域を超えた他地域との連携と協調が不可欠です。水源地域や筑後川流域とは、住民ぐるみでの地域間交流を進め、相互理解に努めています。また、北九州市とは、行政のみならず民間においても連携強化に向けた取り組みが進められています。

写真:水源地域との地域間交流
水源地域との地域間交流

このように、本都市圏の枠を越え、他圏域との交流・連携を図ることで、相互の特色を生かし、本都市圏及び他圏域が総合的に発展を遂げていくことが期待されます。

4.西日本・アジア地域との関係

近年、九州新幹線の開業や高速道路網の整備などにより、九州・山口の主要都市と本都市圏を結ぶ広域交通ネットワークが着実に広がり、本都市圏を取り巻く九州・山口圏域において、1,500万人を擁する大きなマーケットが誕生しつつあります。

博多港国際ターミナル
博多駅
福岡空港

さらに国際航空路、国際航路の充実により、本圏域と海外とのつながりも深まってきており、上海、台北、ソウル、釜山など、東アジアとの日帰りビジネス圏が急速に拡大しつつあります。
本都市圏は、それらの広域ネットワークを通じ、人流・物流の両面で、西日本・東アジアにおける拠点として、ますます重要性を増していくことが予想されます。
今後も都市圏として、福岡空港や博多港をはじめとした都市基盤の一層の整備を進め、結びつきを強めていくことが重要です。

福岡都市圏とは
福岡都市圏
広域行政推進協議会
福岡都市圏広域行政事業組合