福岡都市圏「水」キャンペーン2024を実施します

福岡都市圏「水」キャンペーン2024を実施します

福岡都市圏「水」キャンペーン2024

 福岡都市圏には、圏域に大きな川がなく、地理的に水資源に恵まれていません。現在、都市圏に暮らす260万人の生活に欠かせない水道用水の約3分の1は、筑後川からの供給により賄われています。
 そのため、都市圏住民を対象に都市圏の水事情の周知や筑後川の水の恩恵への感謝等を啓発することを目的に、国が定める水の週間(8月1日からの1週間)に合わせ、福岡都市圏「水」キャンペーンを実施します。
JR博多駅前広場でのオープニングセレモニーでは、流域連携基金キャラクターの「ちっこりん」や福岡親善大使が啓発チラシと筑後川のめぐみが詰まった「福岡有明のり」を配布し、筑後川への感謝と節水を呼び掛けます。

○主催  福岡都市圏広域行政事業組合
○共催  福岡地区水道企業団、山神水道企業団、春日那珂川水道企業団、宗像地区事務組合
○後援  国土交通省九州地方整備局、福岡県、独立行政法人水資源機構筑後川局、公益財団法人筑後川水源地域対策基金

1 啓発チラシデザイン

2 動画広告

3 福岡都市圏各市町の実施計画